ウイルスベクター作製 SIRION BIOTECH
試薬および製造原料の輸入販売 シングルセル解析

アデノ随伴ウイルスベクターの作製

当社では、SIRION BIOTECH社の日本におけるパートナーとして、ノックダウンおよび過剰発現のためのアデノ随伴ウイルスベクターの作製を受託しております。
SIRION BIOTECH社独自の技術を利用し、短期間で高効率のノックダウンまたは高発現を実現するベクターを作製することが可能です。

サービスの特徴

遺伝子ノックダウンのためのアデノ随伴ウイルスベクター

【サービス概要】

  • お客様からお預かりしたshRNA配列をもとに、配列バリデーションおよびvector particle量の測定を行ったウイルスベクターを作製いたします。
  • SIRION BIOTECH社独自の技術・ノウハウを利用したshRNAの配列デザインおよびバリデーションから承ることも可能です。詳細はshRNA デザインのページをご覧ください。
  • ウイルスベクターは5×10E12 vector particle以上を保証いたします(標準の場合)。
  • より大スケールでのウイルスベクターの作製も承ります。詳細はin vivo用ベクターの項をご参照ください。
  • アデノ随伴ウイルスのserotype 1, 2, 3, 4, 5, 6からご選択いただけます。

【特徴】

  • SIRION BIOTECH社独自の技術、ノウハウおよびベクタープラットフォームを利用することで、配列のお預かりから8週間以下でウイルスベクターの作製が可能です。
  • 確立されたプロトコルの活用により、再現性のある結果を実現します。
  • TET-inducibleなど、条件的発現を可能とするベクターの構築も承ります。(*)
  • 実験デザインにあわせたプロモーターやマーカー遺伝子の組み込みも可能です。

(*)TET-inducibleベクターをご利用の場合、別途TET Systems社へのライセンス料のお支払いが必要となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

in vivo用ベクター

【サービス概要】

  • in vivo用に高純度、高力価のウイルス作製を承ります。
  • 最高5×10E13(Vector particle)までの範囲でご選択いただけます。
  • 特定のターゲット組織/器官等にあわせたプロモータの組み込みも可能です。
  • TET-inducible化したベクターも可能です。(*)

(*)TET-inducibleベクターをご利用の場合、別途TET Systems社へのライセンス料のお支払いが必要となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

ベクター作製の流れ

  1. ご指定いただいたターゲット配列からのshRNAのデザインおよびバリデーション
  2. デザインされたshRNAまたはお預かりしたshRNAと
    ターゲット遺伝子cDNAを組み込んだpValベクターによるバリデーション
  3. shRNAの発現ベクターへのクローニング
  4. 配列のシークエンシングによるクローニングの成功の確認
  5. HEK293Tへのベクターおよびヘルパープラスミドの導入
  6. ベクターのアフィニティクロマトグラフィーを用いた精製
  7. vector particle量の測定

遺伝子強制/過剰発現のためのアデノ随伴ウイルスベクター

【サービス概要】

  • お客様からお預かりしたshRNA配列をもとに、配列バリデーションおよびvector particle量の測定を行ったウイルスベクターを作製いたします。
  • ウイルスベクターは5×10E12 vector particle以上を保証いたします(標準の場合)。
  • より大スケールでのウイルスベクターの作製も承ります。詳細はお問い合わせください。
  • in vivo実験用に組織特異的な発現をご希望の場合、特異的なプロモータの組み込みも可能です。また、プロモータの選定からお手伝いすることも可能です。
  • アデノ随伴ウイルスのserotype 1, 2, 3, 4, 5, 6からご選択いただけます。

【特徴】

  • SIRION BIOTECH社独自の技術、ノウハウおよびベクタープラットフォームを利用することで、配列のお預かりから8週間以下でウイルスベクターの作製が可能です。
  • 確立されたプロトコルの活用により、再現性のある結果を実現します。
  • TET-inducibleなど、条件的発現を可能とするベクターの構築も承ります。(*)
  • 実験デザインにあわせたプロモーターやマーカー遺伝子の組み込みも可能です。

(*)TET-inducibleベクターをご利用の場合、別途TET Systems社へのライセンス料のお支払いが必要となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

ルシフェラーゼ遺伝子を組み込んだAAVベクターによる心臓特異的な発現

in vivo用ベクター

【サービス概要】

  • in vivo用に高純度、高力価のウイルス作製を承ります。
  • 最高5×10E13(Vector particle)までの範囲でご選択いただけます。
  • 特定のターゲット組織/器官等にあわせたプロモータの組み込みも可能です。
  • TET-inducible化したベクターも可能です。(*)

(*)TET-inducibleベクターをご利用の場合、別途TET Systems社へのライセンス料のお支払いが必要となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

ベクター作製の流れ

  1. ご指定いただいた遺伝子情報からのcDNAの作製/ご指定いただいたcDNAの入手
  2. cDNAの発現ベクターへのクローニング
  3. 配列のシークエンシングによるクローニングの成功の確認
  4. HEK293Tへのベクターおよびヘルパープラスミドの導入
  5. ベクターのアフィニティティクロマトグラフィーを用いた精製
  6. vector particle量の測定

ベクターオプション

TET -inducibleベクター

【概要】

  • Dox(Doxycycline)反応性トランスアクチベーターを組み込んだベクターを使用することで、Dox非存在下では無視できるほど微量に発現を抑え、Dox存在下ではmRNAレベルおよびタンパク質レベルで高発現を実現することができます。
  • 発現の制御は、過剰発現およびshRNAの発現によるノックダウンの両方に適応可能です。
  • 作製するベクター系は、ターゲット遺伝子とトランスアクチベーターを同一のベクターで発現させる「one vector system」およびターゲット遺伝子とトランスアクチベーターを別々のベクターで発現させる「two vector system」からお選びいただけます。
  • TET-inducibleベクターをご利用の場合、別途TET Systems社へのライセンス料のお支払いが必要となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

shRNA-mirベクター

【概要】

  • shRNAの両端にマイクロRNAの配列を模した配列を持つベクターです。
  • 細胞中でのプロセッシングが正確かつ効率的に行われ、効果的な発現抑制が可能です。
  • 本ベクターはTETトランスアクチベーターや各種プロモーター、各種マーカーと組み合わせることが可能です。詳細はお問い合わせください。

SIRION BIOTECH社について

SIRION BIOTECH GmbH社は2005年にドイツのミュンヘンにおいてDr. Christian Thirionらによって設立され、RNAiやウイルス/ウイルスベクター開発、ワクチン開発に関する先進的な技術を保有している企業として知られております。この分野における20年以上の経験を誇る同社の研究開発チームはヒトを含む哺乳類細胞の扱いや遺伝子改変に関しても豊富な知識を有しております。
同社の提供するサービスや保有する技術は、主要なグローバル製薬企業や化粧品メーカー、化学薬品メーカーなどの企業において、ターゲットの同定やバリデーション、薬剤や化粧品などの化合物のスクリーニングやバリデーション、バイオセンサーの開発などに利用されています。

このページのトップへ
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 受託開発サービスはこちら TEL:03-6277-3233 FAX:03-6277-3265 メールでのお問い合わせ:customer@bizcomjapan.co.jp

バイオ関連の受託開発サービス・試薬の輸入販売ならビジコムジャパンにお問い合わせください。お客様の用途やご要望に沿ったサービス、各種試薬・製造原料の販売をいたします。

ビジコムジャパンへのお問い合わせはこちら