BioActs社のポリマーおよびその他の化合物の紹介ページです。

ポリマー

BioActs社では、種々の蛍光標識デキストランやPEGベースのクロスリンカーを提供しています。

蛍光標識デキストラン

蛍光デキストランコンジュゲートは、サイズが非常に多様で毒性が低いため、生細胞における細胞系譜の解明、細胞間コミュニケーションの解明、血管透過性の試験、エンドサイトーシスの追跡、および血液脳関門突破の可否の確認等、種々の生物学的研究において利用されています。
デキストラン(3K)シリーズは、3,000 Daのデキストランの蛍光色素コンジュゲートであり、デキストラン(10K)は、デキストランのサイズは10,000 Daです。3Kデキストランは、より大きいサイズのデキストランと比較するとより速い軸索拡散および周辺細胞突起へのより迅速なアクセスを含む利点があります。しかし、デキストラン(10K)はより長い距離を隔てた部位へ到達することができ、神経および脳組織の損傷および修復の研究に適用することができます。詳しくはこちら

クロスリンカー

BioActs社では、水溶性で生体膜を透過できない一連のPEGベースのクロスリンカーを提供しています。クロスリンカーは、親水性スペーサーを架橋生体分子に結合することによって、複合体のアグリゲーションや沈殿の可能性を低減することができます。架橋剤はよく知られたタンパク質修飾試薬の一つであり、ライフサイエンス分野での研究およびアッセイ開発において様々な用途を有しています。クロスリンカーは、種々の用途における挙動に影響する化学反応性および特性に基づいて選択されています。詳しくはこちら

シリカナノ磁性粒子

BioActs社のシリカ磁性ナノ粒子は、種々の生体分子、タンパク質、抗体、薬物、ヌクレオチドなどを結合することができます。これを利用し、細胞やタンパク質の分離、イムノアッセイ、核酸抽出など、広範囲の用途に使用することができます。

関連する製品とサービス一覧