AIと体系的な薬剤リポジショニングのパイオニアBioVista

Biovista社は、体系的な創薬AIプラットフォームを応用した薬剤リポジショニングにより、神経変性疾患、てんかん、がんおよび希少疾患のような疾患領域における薬剤候補のパイプラインを開発しています。また、外部のコラボレーターと協力し、新規化合物既存化合物を問わず、コラボレーターの持つ化合物資産のポジショニングを最適化したり、リポジショニングすることに貢献しています。 Biovista社の科学者は、独自のプラットフォームを用いて膨大なデータ資源を分析し、明らかになっていない作用機序に基づく化合物、分子標的、疾患の間の関連を同定します。 同社では、この結果を利用して、既存の薬剤または薬剤の組み合わせの新たな適応症を見つけ出し、それらのリスクプロファイルを評価し、PoCおよび臨床第IIa/b相試験に迅速かつ低いコストでかつ高い成功確率で進むことを可能にします。 ヘルスケアにおける新たな課題への新しいアイデア ヘルスケア業界は、数多くの新たな課題に取り組まざるを得ない状況下で、急速な変化を遂げつつあります。 いくつかの例を挙げると: 特許切れとNCEの相対的な不足による医薬品パイプラインへの圧力 ・より厳しい規制要件—新製品に対する真の付加価値の必要性と、既存の治療薬との明確な差別化— ・より安価で安全な治療法、およびこれまで無視されてきた疾患に対する治療法開発に対する保険企業および患者グループからの圧力 伝統的な市場区分の撤廃:製薬会社はジェネリック市場に参入し、ジェネリック企業は自社製品に付加価値をつけることを目指しています。 ステークホルダー間の従来の枠を超えた提携により、新しい強力な市場参入者が生み出されています。 新たな技術によって生み出された、あるいはより多くの患者から収集された大量のデータが未活用のままです。 もはやデータへのアクセスは問題ではなく、正しく収集されたデータの正しい収集の解釈が焦点となっています。 特に、生物学的システムやプロセスに関する知識が不完全であること、健康な状態からどのようにして疾病状態に至るのかについての知識が不完全であること、また、体内で薬物がどのように作用するのかについての知識も不完全であり、変化していることを考えると、この課題は重要である。 Biovista社では、たとえ既存の知識自体は不完全であっても、適切な文脈で発見、系統化、解釈、共有されれば、アウトプットに重大な影響を及ぼす可能性がある隠れた関係自体は含まれていると考えています。

Biovistaのアプローチ:より良い意思決定のためのAIの強化

同社では、強力なプラットフォーム技術を持つ専門家から編成されるチームが、同社のパイプラインを開発し、パートナー企業にとって直接的なビジネスとの関連性を有する薬物、疾患、分子標的のためのカスタムソリューションを提供できるようにすることに重点を置いています。 ProjectProdigyはBiovistaの技術プラットフォームであり、医療業界向けの次世代AIソリューションを開発するための長期的な取り組みです。 ProjectProdigyは、AIおよび機械学習、自然言語処理、グラフ・データベース、連邦型システム・アーキテクチャ、共同作業用UIの機能を組み合わせて、ヘルスケアおよびその他の商業分野における発見および知識集約型分析をサポートするソリューションを提供します。 ProjectProdigyについての詳細はこちら Biovistaのビジネスモデルは、自社のコアとなる強みとアウトソーシングや戦略的提携を組み合わせ、創薬や薬剤開発に変革を起こすシナジーを生み出しています。

Biovistaのビジョン

Biovistaでは、これまでよりも効率的に革新的な治療法を提供することを目指しています。 同社では、患者、医療従事者、医療従事者は、今や、従来より少ない費用でより多くのことを期待しており、業界は、このニーズに応える新しい方法を模索していると考えています。 これまで実現できなかった新しい治療法を開発し、すべてのステークホルダーにとって明確で、シンプルで、意義のある方法で既存の治療法を改善することに取り組んでいます。 生物学的プロセスとその複雑な相互関係、病気が健康な状態をどのように変化させ、薬物が身体とどのように相互作用するかについての理解を深める努力をしているので、Biovista社ではすでに知られている知識やデータの中にも、 この知識にアクセスし、分析し、適切な文脈で整理することができれば、多くの進歩を導くためのシーズが存在していると信じています。 しかし、これだけでは十分ではありません。 Biovista社では、例え新たに洞察が発見された場合でも、それを適切に活用するためには、柔軟性があり、適切に管理され効率的に新たなチャンスを活用できるコラボレーションモデルと組織的枠組みが必要であると考えており、同社はこれらの目標に向かって取り組んでいます。 Biovistaでは、より良い意思決定によって、より良い治療法が生まれ、より良い医療の恩恵がもたらされると考えています。 BiovistaのR&Dについての詳細はこちら

BioVistaがお客様ごとに提供する価値

製薬企業/バイオテクノロジー企業 ジェネリック医薬品メーカー 患者団体

BioVistaの提供するソリューション

Biovista社は、バイオテクノロジー企業/製薬企業、ジェネリック医薬品メーカー、患者支援団体、病院、および医療分野のその他のプレーヤーと提携し、幅広い医薬品開発、パイプライン管理、および医薬品ライフサイクル管理等に向けたソリューションを創出しています。 新規のまたは改善された治療法を見つけることから、薬剤のリパーパシング、医薬品ライフサイクル管理における戦略の選択、試験差し止めへの対応に至るまで、同社のサービスは、単一の化合物/治療法からパイプライン全体にわたる経営判断を支援する信頼性の高いツールを提供します。 Biovista社のサービスでは、確実性が高いベネフィット/リスクプロファイリングのために、予測性の高い作用機序モデリングとin vitro/vivo試験による検証を組み合わせています。 通常の場合よりも、コストを削減し、大幅に短い期間で、大きな価値を提供することができます。 Biovista社のサービスは、以下のような場面で活用されています。 薬剤のリポジショニングと独占性の喪失(LoE): 既存の医薬品の新規用途の可能性を特定することで、既存の知的財産をさらに活用し、ライセンス契約中の化合物を正当に評価し、企業のパイプラインを埋め、自社の知的財産に存在するギャップを埋め、競合他社による周辺特許確保の行動を防ぐことができます。 ベネフィット・リスク評価: Biovista社のサービスは、潜在的な未知または予期しない有害事象(AE)の予測により、新規化合物のGo/No-Goの決定、臨床試験のデザインまたは既存の医薬品の添付文書改訂に役立ちます。 開発中止および試験差し止め状況 Biovista社は、第II相または第III相試験で観察された有害事象および予測できない有害事象について、科学的に妥当な説明を提供することができ、リスク軽減計画の通知または代替的な開発手段の提案に役立つほか、特定の状況下では、化合物の臨床試験差し止めを解除するのに役立つ可能性のある交絡的な適応症に関する分析を提供することができます。 Biovista B2Bサービスは、以下のライフサイクルマネジメントオプション多くに直接貢献します。
ライフサイクル管理オプション 提供内容
新たな適応症 ジェネリック医薬品のみでなく、治験中の新薬にも利用可能 詳細はリポジショニングサービスをご参照ください
剤形改良 リパーパシングされた薬物の剤形改良は、知的財産権を著しく強化します。 ジェネリック医薬品企業または製薬企業の既存製品部門での利用が想定されています。 ジェネリック医薬品企業との提携による差別化された新製品の創出についての詳細はこちら
配合剤 併用療法のプロファイルを作成し、その併用療法に対する適応症を特定します。 対象となる疾患に関する薬剤の組み合わせを同定することや、対象疾患における既存医薬品の価値を高める第2の化合物を特定することができます。詳細はこちらから。
OTC(一般用医薬品)へのスイッチング このオプションでは、上市のスピードを重視し、最初の市場参入者の利益を得ることを目指します。詳細はリパーパシングサービスをご参照ください
特許保護戦略 ターゲット化合物の適応症を特定することは、自社製品の防御にも競合製品の攻撃的にも利用できます。詳細はリパーパシングサービスをご参照ください
新市場の開拓 適応症が特定の市場特有のものである場合、適応症の拡大はその新規市場への参入を意味します。(例えば、自国等では希少疾患であるが、海外市場での有病率が高い疾患である場合)詳細はリパーパシングサービスをご参照ください
研究開発費の増加と再集中 高収益が期待できる有望な研究領域を同定し、研究開発費を重点配分することが可能です。詳細はリパーパシングサービスをご参照ください
医薬品の開発期間の短縮 Biovista社のサービスを利用することで、医薬品の開発期間を短縮するための体系的な取り組みの基盤を形成することができます。詳細はリパーパシングサービスをご参照ください
初期段階のライフサイクル管理 開発で取り得るオプションに関する知識の向上は、パイプライン全体の価値の変動に関する理解を深めるだけでなく、早期の段階でのLCMの実行を可能にします。
利点 通常、多くの人員と数ヶ月の期間を必要とする製品ラインに関する戦略策定を数ヶ月以内に完成することで、時間と費用を節約できます 開発中の医薬品に独占期間の延長を与える可能性のある戦略を特定し、既存の医薬品の独占権の喪失を防ぎ、特許切れが近い医薬品の独占権を延長する戦略を立案できます 薬物および候補の「ゴー/ノーゴー」決定を支持するために、明らかにはなっていない(入手可能なデータソースでは報告されていない)が、対象に関連している可能性が高い情報を特定できます 既存のツール(in vitro/vivo実験、ソフトウェアシミュレータ、データマイニングなど)に対して相補的なアプローチを利用し、決定をサポートする情報に信頼性を提供します 安全性の問題について、実験室または動物実験の結果を検査するための積極的な戦略を提示します 規制上の制限が迅速に解かれるよう、治験中または市販後に生じた予期せぬ有害事象についてエビデンスに基づく説明を行います 公開データと独自データを包括的に分析することにより、徹底的に試験・調査を行ったことを保証する必要がある意思決定者に、さらなる安心を提供します 提供するソリューションの例は以下のリンクから 薬剤リポジショニング 個別化医療 化合物の開発リスク低減 臨床試験/市販後調査差し止めの解除

Biovistaのパイプライン

Biovista社では自社プラットフォームを活用した独自の薬剤リパーパシングによるパイプラインを保有しています。詳細はこちら

関連する製品とサービス一覧