会社概要

CortecNetは、核磁気共鳴(NMR)およびポジトロンエミッショントモグラフィー(PET)用の安定同位体および消耗品の分布に独自の焦点を当てて1995年にフランスで設立されました。その後、ライフサイエンス、化学、物理、エネルギー、材料科学の研究を支援する国際的な企業に成長しました。

CortecNetは、NMR、MS、MRI、およびPETの分野における革新的な製品の特定、開発、およびマーケティングに専念する、安定同位体駆動型企業です。これらの技術は、タンパク質、生体分子および材料の構造および動態の特性評価、ならびに代謝イメージング応用において重要な役割を果たす。しかし、それらの成功は標識技術に強く依存しています。従って、当社の原動力は、研究目的に最も適した同位体で濃縮された化合物を、学術界および産業界のMRおよびMSコミュニティに提供することにあります。

長年にわたり、国際的な有力企業や機関との強力なコラボレーションを確立してきました。ごく一部を挙げると、CortecNetは20年以上にわたりBruker Biospinと提携しており、Bruker Biospin NMR消耗品の公式販売業者です。Pasteur Institute、CEA、大陽日酸の研究者らと共同で、大腸菌、昆虫細胞、哺乳類細胞、無細胞発現系を用いた安定同位体標識タンパク質発現の独自戦略を開発しました。
最後に、CortecNetとFrench Atomic Energy Commission (CEA‐LSDRM)は最近、フローNMR反応モニタリングのための3Dプリントデバイスを開発するために力を合わせました。

2014年以来、安定同位体標識化合物の生産に特化することで、製造面での強化を図っています。CortecNetは最近、15,000 ft2の研究開発・生産研究所をパリ・サクレイに設立し、高度な技術を有する化学者およびエンジニアのチームをホストしています。この大きな成果は、競合他社に対する当社の地位の強化に大きく寄与するとともに、科学界におけるCortecNetの認知度と信頼性を高めています。

関連する製品とサービス一覧