Polyplus

Polyplus社について

Polyplusのトランスフェクション製品レンジ

遺伝子発現実験

in vitro
遺伝子発現は、核酸配列に蓄えられた遺伝情報が、タンパク質の構成要素であるポリペプチド鎖に変換される過程である。 このプロセスは、実験室で日常的に利用されている。目的タンパク質の機能を研究するおよび/またはシグナル伝達経路におけるその役割このために、科学者は目的の遺伝子をコードするプラスミドDNAまたはmRNAを設計し、それを哺乳動物細胞にトランスフェクトして目的のタンパク質を一時的に産生させる。

RNA干渉

in vitro
RNA干渉(RNAi)は、哺乳類細胞における遺伝子調節の過程であり、科学者たちによって日常的に用いられている。内在性遺伝子の役割を検討するそれらの発現(siRNA)を一時的にサイレンシングするか、または一つまたは複数の遺伝子の発現調節(miRNA)。 異所性に発現されたタンパク質の発現は、目的の遺伝子に対して標的化されたオリゴヌクレオチドと共に異所性タンパク質をコードするプラスミドDNAを同時トランスフェクションすることによっても調節することができる。

ゲノム編集

in vitro
CRISPR/Cas9ゲノム編集は、科学者が可能にする技術です。細胞ゲノムを特定の遺伝子座で修飾するCRISPR/Cas9は、Cas9エンドヌクレアーゼをゲノム内の特定の配列で切断させるガイドRNA分子からなる二成分系である。 RNAをトランスフェクトし、哺乳類細胞でCas9タンパク質を発現させるには、DNA、RNA、リボ核タンパク質をベースにした送達という3つの方法がある。 それぞれのシステムには、使いやすさ、ゲノム編集効率、オフターゲット効果の点でそれぞれの長所と短所があります。

タンパク質送達

in vitro
タンパク質の送達は、タンパク質の機能を研究するための遺伝子発現の大きな代替法である。 目的のタンパク質をコードするDNAまたはmRNAをトランスフェクションする代わりに、タンパク質自体は哺乳類細胞に直接トランスフェクションされる蛋白質デリバリーは、ブロッキング抗体、生体免疫標識、細胞内輸送および蛋白質-蛋白質相互作用研究における蛋白質干渉を含む、生細胞における可能性のパネルを提供する。

ハイスループット・スクリーニング

in vitro
ハイスループットスクリーニングHTS製薬業界および基礎・トランスレーショナル・リサーチで広く使用されている生物学的プロセスを研究する・HTSバイオアッセイは、ほとんどがマイクロタイタープレートフォーマット(96、384または1536ウェル)で実施されるため、再現性の高いトランスフェクション試薬の使用が不可欠です。

細胞特異的

in vitro
それぞれの一次細胞型は、体内での役割を果たすために異なる性質をもっている。 起源の組織から分離されると、一部の初代培養細胞は脆弱性が高く、異なる形態を示すため、培養が困難になる。 これらの一次細胞型は、以下の発生を必要とする。細胞特異的トランスフェクション試薬核酸を効率的に送達し、細胞の形態を尊重する。

遺伝子治療および細胞治療のためのウイルス産生

in vitro
組換えウイルス粒子の産生は、2-4プラスミドDNAの宿主へのトランスフェクションに依存する接着性または懸濁性の哺乳動物細胞例えば、HEK-293細胞および誘導体。 次いで、生成された組換えウイルス粒子は、補正遺伝子を細胞内に運搬するための媒体として使用されるex vivo (細胞治療)またはin vivo (遺伝子治療)での直接的な治療。 治療用ウイルスベクターの生産は、信頼性の高いウイルスベクター生産、高い感染力価の収率、およびプロセス開発から大規模な臨床グレードの製造までの直接的なスケーラビリティを達成できるトランスフェクション法に依存する。

GMP用途PEIpro®残留試験

in vitro
細胞・遺伝子治療製品中のプロセス残留PEIpro®を検出・定量する方法として、バリデートされた方法を提供しています。 このような分析の重要性は、製造プロセスが患者投与に対して再現性よく安全なATMPの製造を確実にすることを確実にすることである。

懸濁細胞におけるタンパク質産生

in vitro
組換え体蛋白質産生治療および診断への応用は、懸濁液中での増殖に適合したCHOおよびHEK-293細胞株において主に達成される。 CHOおよびHEK-293細胞を懸濁液中で増殖させることは、タンパク質産生量を最大にする一方で、それらを化学的に規定された無血清培地(コスト、下流精製工程、再現性…)中で培養することにより、全体的な生産プロセスを改善するのに理想的である。 いくつかのCHOおよびHEK-293細胞株は、特に、規定された細胞培養培地中でより高密度で増殖することを可能にすることによって、生産の収率をさらに改善するように操作されてきた。 これらの改変された特性により、懸濁CHOおよびHEK-293細胞株中のTGEは、異なる細胞密度および異なる合成培地において効率的であるトランスフェクション試薬に依存する。

in vivo DNA & siRNAトランスフェクション

in vivo
インビボ動物モデルへの核酸の送達は、基礎研究および遺伝子治療などの医学的応用に不可欠である。 送達される核酸に応じて、遺伝子発現オア遺伝子サイレンシング様々な組織で媒介される。 異なる投与経路を用いることができ、核酸が発現される標的器官を主に決定する。

インビボmRNAトランスフェクション

in vivo
インビボmRNA送達試薬は、様々な動物モデルにおいてmRNAを送達するために特に開発されている。 選択された投与経路に応じて、mRNAは、種々の動物モデルにおいて、異なる器官に効率的に送達され得る。 非ウイルス性mRNAトランスフェクションは、特に有望な方法である予防接種そして抗癌療法.

臓器特異的なデリバリー

in vivo
非ウイルス性のin vivoデリバリー技術は、種々の動物モデルの異なる器官への核酸の送達のための安全な方法です。 ある種の細胞は、許容性が低い。インビボトランスフェクションおよび核酸標的化効率を改善するための特異的トランスフェクション試薬の開発を必要とする.

関連する製品とサービス一覧