ProImmune社の免疫原性評価の紹介ページです。

生物学的製剤に対する望ましくない免疫原性やワクチン等に対する望ましい免疫原性の評価を行うサービスを提供しております。

ProPresent™抗原提示アッセイ

ProPresent™は抗原候補タンパク質中で免疫系によってT細胞に認識されうる形にまで処理される部分配列を直接同定するためのアッセイです。このアッセイでは抗原のプロセッシングと提示の最も直接的な結果である樹状細胞(DC)上のHLA分子に結合した形でT細胞に提示される抗原の部分配列を同定します。このアッセイを用いたサービスは唯一の商業的サービスであり、免疫応答に関する理解が必須の生物学的製剤やワクチンの開発や低分子医薬による免疫毒性の理解に貢献します。
アッセイの詳細はこちら

ProScern™DC-T細胞増殖アッセイ

ProScern™ DC-T細胞増殖アッセイを用いることで、評価対象タンパク質がヘルパーT細胞の増殖を引き起こし得るか、すなわち抗薬剤抗体応答やその他の好ましくないヘルパーT細胞の応答を引き起こす可能性を評価することが可能です。
このアッセイ法はCFSEの希釈度合いをフローサイトメトリー法で測定することで、細胞の増殖を高感度に検出します。製剤を直接評価することによって、様々な剤型間や候補薬剤間のin vitroでの比較に利用できます。
アッセイの詳細はこちら

ProMap™ T細胞増殖アッセイ

ProMap™ T細胞増殖アッセイを用いることで、ヘルパーT細胞の増殖を引き起こすペプチド配列、すなわちヘルパーT細胞の応答を引き起こす潜在的エピトープ配列を同定することが可能です。
従来使用されてきた放射性チミジンを用いるアッセイ法とは異なり、このアッセイ法はフローサイトメトリー法を利用することで感度の劇的な向上を実現し、増殖中のCD4+またはCD8+細胞の正確な割合や詳細なT細胞応答を決定することが可能となります。T細胞増殖アッセイにより潜在的なT細胞エピトープの存在/非存在を同定することが可能であり、新規のペプチドやタンパク質を用いた薬剤の非臨床における評価に有用です。このアッセイを用いることで、類似の構造を持つ分子間の相対的免疫原性を評価することができます。例えば候補薬剤間の比較、薬剤の免疫原性低減戦略やワクチン免疫原性強化戦略の構築のための材料として利用できます。
アッセイの詳細はこちら

ProStorm™サイトカイン放出アッセイ

ProStorm™はモノクローナル抗体等の薬剤のファーストインフュージョンに関連する応答を予測するために開発されたin vitroサイトカイン放出アッセイです。
ProImmune社ではプロジェクトに応じて選択されたドナー由来の血液サンプルを使用してアッセイを実施します。標準のアッセイではTNFα、IFNγ、IL-2、IL-4、IL-6、IL-8およびIL-10を測定致しますが、試験の目的に合致するようにサイトカインのパネルを変更することも可能です。
アッセイの詳細はこちら

ProSpot™B細胞ELISpotアッセイサービス

ProImmuneでは熟練した科学者によって実施されるB細胞ELISpotアッセイサービスを提供しています。同社の最適化されたプロトコルと最新の設備を使用して熟練した作業者によって実施されるサービスを利用することによって、コストやリソースを低減しながら信頼性ある結果を得ることが可能です。同社では試験デザインやサンプルの輸送から結果の解釈まで様々な点でお客様の研究をサポートします。
アッセイの詳細はこちら

ProSPOT™T細胞ELISpotアッセイサービス

ProImmune社では経験豊かなエキスパートによる、包括的かつ迅速な定量的T細胞ELISpotアッセイサービスを提供しております。測定対象はIFN-γ、IL-2、IL-4、IL-10、IL-13、IL-17、GranzymeBを含む各種サイトカインです。
T細胞ELISpotアッセイはコストも時間もかかるアッセイです。ProImmune社のエキスパートにお任せ頂くことで再現性高い結果を迅速に得ることができます。ProImmune社では膨大な量のサンプルをハイスループットで処理することが可能です。
アッセイの詳細はこちら

ProImmune REVEAL™ HLA-ペプチド結合アッセイ

ProImmune REVEAL™ HLA-ペプチド結合アッセイは革新的な技術であり、タンパク質中の潜在的T細胞エピトープの同定・バリデーションを4週間で完了することが出来ます。この技術を利用することによって既存の技術では数か月かかる作業の期間を大幅に短縮することが可能です。
この技術は各種がんや感染症を含む様々な適応症に利用することができます。薬剤中のエピトープの同定と当該部位の改変による免疫原性の低減や低分子化合物による自己タンパク質由来ペプチドへの結合性の変化による免疫毒性評価のみでなく、この技術を利用して同定されたCD4+およびCD8+ T細胞エピトープをワクチンのリードや免疫療法のターゲットとして活用することができます。
アッセイの詳細はこちら

REVEAL MHC-ペプチド競合アッセイ

MHCペプチド競合アッセイでは各アレルに対する対象ペプチドや類縁化合物、低分子等と設定されたラベル済コントロールペプチドの間の競合的反応を比較します。このアッセイは通常のMHC-ペプチド結合アッセイやMHC-ペプチド結合速度アッセイの拡張アッセイとして提供可能です。
この方法ではラベル済ペプチドがMHC分子に結合している間はシグナルが観測されますが、ペプチドが競合反応によって置換されるとシグナルが消失することによって結合反応をモニターします。逆に対象ペプチド/化合物がラベル済ペプチドによって置換されるとシグナルが観測され、これによって解離反応をモニターすることも可能です。
アッセイの詳細はこちら

免疫毒性評価サービス

ProImmune社では、生物学的製剤や低分子化合物の免疫毒性評価サービスを提供しております。同社はヒト免疫学の専門家としての経験と、大規模なドナーコホートからサンプルを入手できることから、社内または一般的なCROの能力を超える疑問の解決に取り組むことができます。ヒト細胞を用いたin vitro試験で得られたデータを利用することで、モデル動物系を用いて得られた結果の解釈をさらに深めることができます。
サービスの詳細はこちら

MutaMap®変異活性マップ

抗体またはタンパク質の最終的な工学的決定を下すときに、MutaMap®は、どの点突然変異をさらに調査すべきかを評価するのに役立ちます。 MutaMap®はタンパク質配列中の各位置のアミノ酸を、他の19個のアミノ酸で置換することによる変化を評価し、タンパク質活性に対する効果を見出すのに役立つアッセイシステムです。無細胞系を用いたタンパク質翻訳を溶液滴定アッセイと組み合わせ、親和性/活性を直接測定します。 これらの方法を組み合わせることにより、親和性/活性の正確な測定を行いながら、試料の高スループット処理が可能です。この技術は、高親和性モノクローナル抗体のリガンド結合相互作用を、SPRのような他のアプローチが高いスループットで結果を得ることに苦労するサブピコモル濃度領域で評価するのに特に適しています。
サービスの詳細はこちら

ProSentium™抗原提示ペプチドデータベース

ProSentium™は、タンデム質量分析によって同定した、MHCによってT細胞に提示された自己ペプチドに関するProImmune独自のデータベースです。
ProSentium™データベースのデータは、同社独自のProPresent™プラットフォームを用いて取得されており、データ使用に関するライセンス供与が可能です。
データベースの詳細はこちら

関連する製品とサービス一覧