SIRION BIOTECH社について

会社情報

SIRION Biotechは、細胞・遺伝子治療やワクチン開発のための新世代のウイルスベクター技術を生み出すことを目的として、2005年にミュンヘンで事業を開始しました。これは、アデノ随伴ウイルス、レンチウイルス、およびアデノウイルスのための新しい、包括的なウイルスベクタープラットフォームを構築し、製薬業界、化粧品業界、および食品業界におけるパートナーの進歩を促進することを意味しました。

SIRION Biotechは現在、研究および前臨床応用のためのウイルスベクターの欧州有数の発・製造企業です。これまでに、あらゆる規模の2000件以上のプロジェクトを完了し、学界や産業界の200以上の独立した顧客グループと緊密に連携しています。また、CAR-T細胞やCD34+造血幹細胞などの治療用細胞を対象とした、高い効果を持つレンチウイルス形質導入促進剤「LentiBOOST」も提供しています。LentiBOOSTは現在、20を超える第III相および第I/II相臨床試験に組み込まれています。

弊社は、パートナー企業が、そのアプリケーションのために最も成功したベクターを開発できるようにすることをお約束します。ベクターの用量を減らし、治療の成功を改善するためのカプシドの進化と臨床ベクターの設計から、後期の前臨床応用のための高品質な臨床コンプライアンスウイルスベクターの開発経験と製造まで、Cell & Gene Therapyのバリューチェーン全体を通してお客様をサポートします

SIRION Biotechは、AAVベクターの最適化、臨床コンプライアンスのための設計、AAV、AV、レンチウイルス製造のための上流および下流プロセス開発の分野で活発な研究開発を行っています。弊社は、世界中の学術協力者と緊密に協力し、技術開発の最前線にとどまるようにしています。R&Dとプロセス開発チームは、細胞や遺伝子治療会社が直面する課題に対処するために、弊社の製品を常に改善しようと努めています。

同社は、ミュンヘンの本社、ボストン、パリ、東京、ソウル、テルアビブのオフィスや代理店から簡単にアクセスできます。

商業上の取り決めは、サービス料や知的財産を生み出すコラボレーションからマイルストーンとライセンスの取り決めに至るまで多岐にわたります。

企業文化

SIRION Biotechは、ウイルスベクターの臨床使用を改善し、最終的には患者の利益のために使用することをお約束します。すべての人の仕事が臨床研究や治療のパフォーマンスに直接的な影響を与えるという、質と意識の精神は、従業員を通じて伝えられています。弊社は、病院研究のためのシリオンのLentiBOOST技術に対するロイヤルティフリーアクセスプログラムのように、言葉と行動によって価値観を共有しています。

SIRION Biotechは非常に国際的です。創業者兼CEOであるChristian Thirion博士はフランス人で、ドイツ、オーストラリア、ポルトガル、ロシア、ルーマニア、フランス、日本、カナダ、イタリアのミュンヘン本社にスタッフがいます。米国とフランスの拠点のスタッフは、フランス、メキシコ、イタリア、エクアドル、スイス、ドイツ、米国のスタッフです。透明性、差別に反対する行動、業績主導の卓越性もまた、企業のあらゆるレベル、特にリーダーの地位における女性の割合が非常に高いことを意味します。

今後

細胞および遺伝子治療会社が、患者さんに最も効果的な治療をできるだけ早く、効率的に受けられるよう支援することが、SIRION Biotechの使命であり、常にバリューチェーンに沿ったサービスの拡大を目指しています。キャプシドの進化、プロセスのスケールアップ、品質と管理の改善、GMP製造プロセスの管理に集中的に取り組むことにより、ウイルスベクターの品質と有効性を向上させることに取り組んでいます。新しく設立されたDiscovery and Pre Clinical Servicesチームは、ウイルスベクターの開発と製造を管理し、GMPアライアンスチームは、研究室からCMOへのプロトコルの継ぎ目のない移行に取り組み、Cell and Gene Therapy Clinical Supportチームは、ウイルスベクター治療の法的・規制的枠組みを通して、顧客を支援します。

引用文献

2005年、シリオン・バイオテックはミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアンズ大学(LMU)からスピンアウトし、ドイツのトップ・エリート大学の1つとみなされた。SIRIONの創設者は、ウイルスベクター、特にアデノウイルスの研究を行っているLMU Gene Centerの科学者であった。同グループは現在、ドイツのバイオテクノロジー研究開発のホットスポットにあるIZBに所在しており、ミュンヘンのすぐ外にあり、同国で最も著名な大学病院の1つであるグロッシャーダーンの近くに位置している。

シリオン・バイオテックは、2007年に世界中の研究者を対象に、新規およびカスタムウイルスベクターの提供を開始した。まず、研究から始まり、工業的および臨床的応用へと発展している。SIRION Biotechは、デンマーク、オーストリアの全米有数の科学者と協力している。また、150社以上のリピート客を対象に、500件を超える単独プロジェクトからの実践的な体験も行っている。
ご関心のある具体的な情報については、弊社までお問い合わせください。

刊行物、出願に関する注記及び白書

PubMed Centralで、SIRION Biotechからの寄稿のある出版物もご覧ください。

Accelerating target deconvolution for therapeutic antibody candidates using highly parallelized genome editing
Mattsson J, Ekdahl L, Junghus F, Ajore R, Erlandsson E, Niroula A, Pertesi M, Frendéus B, Teige I, Nilsson B. Nat Commun. 2021 Feb 24;12(1):1277. doi: 10.1038/s41467-021-21518-4. PMID: 33627649; PMCID: PMC7904777.

A new rat model of treatment-naive quiescent choroidal neovascularization induced by human VEGF165 overexpression 
Shan Liu, Antje K. Biesemeier, Alexander V. Tschulakow, Harsh V. Thakkar,
Sylvie Julien-Schraermeyer and Ulrich Schraermeyer. Biology Open (2020) 9, bio048736. doi:10.1242/bio.048736

Chloroquine modulates inflammatory autoimmune responses through Nurr1 in autoimmune diseases.
Park TY, Jang Y, Kim W, Shin J, Toh HT, Kim CH, Yoon HS, Leblanc P, Kim KS.  Sci Rep. 2019 Oct 29;9(1):15559. doi: 10.1038/s41598-019-52085-w. PMID: 31664129; PMCID: PMC6820774.

Suppression of metastasis through inhibition of chitinase 3-like 1 expression by miR-125a-3p-mediated up-regulation of USF1
Ki Cheon Kim, Jaesuk Yun, Dong Ju Son, Ji Young Kim, Jae-Kyung Jung, Jeong Soon Choi, Yu Ri Kim, Ju Kyung Song, Sun Young Kim, Sin Kook Kang, Dae Hwan Shin, Yoon-Seok Roh, Sang-Bae Han, and Jin Tae Hong. . 2018; 8(16): 4409–4428.

Activation of the DNA damage response in vivo in synucleinopathy models of Parkinson’s disease.
Chiara Milanese, Silvia Cerri, Ayse Ulusoy, Simona V. Gornati, Audrey Plat, Sylvia Gabriels, Fabio Blandini, Donato A. Di Monte, Jan H. Hoeijmakers & Pier G. Mastroberardino. Cell Death & Disease 9, 818 (2018)

A Nontoxic Transduction Enhancer Enables Highly Efficient Lentiviral Transduction of Primary Murine T Cells and Hematopoietic Stem Cells.
Marianne Delville, Tayebeh Soheili, Florence Bellier, Amandine Durand, Adeline Denis, Chantal Lagresle-Peyrou, Marina Cavazzana, Isabelle Andre-Schmutz, Emmanuelle Six

Replication deficient human adenovirus vector serotype 19a/64: Immunogenicity in mice and female cynomolgus macaques.
Ragonnaud E, Schroedel S, Mariya S, Iskandriati D, Pamungkas J, Fougeroux C, Daradoumis J, Thomsen AR, Neukirch L, Ruzsics Z, Salomon M, Thirion C, Holst PJ.

Improving Lentiviral Transduction of CD34+ Hematopoietic Stem and Progenitor Cells.
Hauber I, Beschorner N, Schrödel S, Chemnitz J, Kröger N, Hauber J, Thirion C. Hum Gene Ther Methods. 2018 Apr;29(2):104-113. doi: 10.1089/hgtb.2017.085.

Direct demonstration of a neonatal Fc receptor (FcRn)-driven endosomal sorting pathway for cellular recycling of albumin.
Schmidt EGW, Hvam ML, Antunes F, Cameron J, Viuff D, Andersen B, Kristensen NN, Howard KA. J Biol Chem. 2017 Aug 11;292(32):13312-13322.

Vaccine vectors based on Adenovirus 19a/64 exhibit broad cellular tropism and potently restimulate HCMV-specific T cell responses ex vivo
Kiener R, Fleischmann M, Schwegler C, Ruzsics Z, Thirion C, Schrödel S, Asbach B, Wagner R. Sci Rep. 2018 Jan 24;8(1):1474.

Longitudinal PET imaging demonstratesbiphasic CAR T cell responses in survivors
Yogindra Vedvyas, Enda Shevlin, Marjan Zaman, Irene M. Min, Alejandro Amor-Coarasa,Spencer Park, Susan Park, Keon-Woo Kwon, Turner Smith, Yonghua Luo, Dohyun Kim,Young Kim, Benedict Law, Richard Ting, John Babich, Moonsoo M Jin. JCI Insight. 2016 Nov 17;1(19).

A 3D-microtissue-based phenotypic screening of radiation resistant tumor cells with synchronized chemotherapeutic treatment.
Anastasov N, Höfig I, Radulovic V, Ströbel S, Salomon M, Lichtenberg J, Rothenaigner I, Hadian K, Kelm JM, Thirion C, Atkinson MJ. BMC Cancer 2015 Jun 10;15:466.

Versatile Viral Vector Strategies for Postscreening Target Validation and RNAi ON-Target Control
Christel CJ,Schmied P,Jagusch V,Schrödel S,Thirion C,Schmitt K,Salomon M. J Biomol Screen.2015 Apr 14. pii: 1087057115581803

Neuron-to-neuron α-synuclein propagationin vivois independent of neuronal injury
Ayse Ulusoy,Ruth E Musgrove, Raffaella Rusconi, Michael Klinkenberg, Michael Helwig, Anja Schneider,and Donato A Di Monte, Acta Neuropathol Commun. 2015; 3: 13., Published online 2015 Mar 24

Peroxiredoxin 4 Improves Insulin Biosynthesis and Glucose induced Insulin Secretion in Insulin-secreting INS-1E Cells*
Ilir Mehmeti, Stephan Lortz, Matthias Elsner, and Sigurd Lenzen1,THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY VOL. 289, NO. 39, pp. 26904–26913, September 26, 2014

A new web-based method for automated analysis of muscle histology
Cordula Pertl, Markus Eblenkamp, Anja Pertl, Stefan Pfeifer, Erich Wintermantel, Hanns Lochmüller, Maggie C Walter, Sabine Krause, Christian Thirion
BMC Musculoskelet Disord.2013;14: 26.Published online 2013 January 16.doi:10.1186/1471-2474-14-26

Profound Effect of Profiling Platform and Normalization Strategy on Detection of Differentially Expressed MicroRNAs – A Comparative Study
Swanhild U. Meyer, Sebastian Kaiser, Carola Wagner, Christian Thirion, Michael W. Pfaffl
PLoS One.2012;7(6): e38946.Published online 2012 June 18.doi:10.1371/journal.pone.0038946

Rapid Kill—Novel Endodontic Sealer andEnterococcus faecalis
Nurit Beyth, Dana Kesler Shvero, Nathan Zaltsman, Yael Houri-Haddad, Itzhak Abramovitz, Michael Perez Davidi, Ervin I. Weiss
PLoS One.2013;8(11): e78586.Published online 2013 November 6.doi:10.1371/journal.pone.0078586

Randomized Trial Evaluating Ranibizumab Plus Prompt or Deferred Laser or Triamcinolone Plus Prompt Laser for Diabetic Macular Edema
The Diabetic Retinopathy Clinical Research Network, Michael J. Elman, Lloyd Paul Aiello, Roy W. Beck, Neil M. Bressler, Susan B. Bressler, Allison R. Edwards, Frederick L. Ferris, III, Scott M. Friedman, Adam R. Glassman, Kellee M. Miller, Ingrid U. Scott, Cynthia R. Stockdale, Jennifer K. Sun
Ophthalmology.Author manuscript; available in PMC 2011 June 1.
Published in final edited form as:Ophthalmology. 2010 June; 117(6): 1064–1077.e35.Published online 2010 April 28.doi:10.1016/j.ophtha.2010.02.03

Rev-erb-α modulates skeletal muscle oxidative capacity by regulating mitochondrial biogenesis and autophagy
Estelle Woldt, Yasmine Sebti, Laura A. Solt, Christian Duhem, Steve Lancel, Jérôme Eeckhoute, Matthijs K.C. Hesselink, Charlotte Paquet, Stéphane Delhaye, Youseung Shin, Theodore M. Kamenecka, Gert Schaart, Philippe Lefebvre, Rémi Nevière, Thomas P. Burris, Patrick Schrauwen, Bart Staels, Hélène Duez
Nat Med.Author manuscript; available in PMC 2014 February 1.

A Novel Murine Cytomegalovirus Vaccine Vector Protects against Mycobacterium tuberculosis
Peter C. L. Beverley, Zsolt Ruzsics, Ariann Hey, Claire Hutchings, Simone Boos, Beatrice Bolinger, Emanuele Marchi, Geraldine O’Hara, Paul Klenerman, Ulrich H. Koszinowski, Elma Z. Tchilian
J Immunol.2014 September 1;193(5): 2306–2316.Published online 2014 July 28.doi:10.4049/jimmunol.1302523

Advances in the management of macular degeneration
Michael Singer,F1000Prime Rep.2014;6: 29.Published online 2014 May 6.doi:10.12703/P6-29

Dynamic Regulation of Bone Morphogenetic Proteins in Engineered Osteochondral Constructs by Biomechanical Stimulation
Jin Nam, Priyangi Perera, Bjoern Rath, Sudha Agarwal,Tissue Eng Part A.2013 March;19(5-6): 783–792.Published online 2012 November 29.doi:10.1089/ten.tea.2012.0103

Controlled-release levodopa methyl ester/benserazide-loaded nanoparticles ameliorate levodopa-induced dyskinesia in rats
Xinxin Yang, Ruiyuan Zheng, Yunpeng Cai, Meiling Liao, Weien Yuan, Zhenguo Liu,Int J Nanomedicine.2012;7: 2077–2086.Published online 2012 April 19.doi:10.2147/IJN.S30463

Dephosphorylation of Carma1 by PP2A negatively regulates T-cell activation
Andrea C Eitelhuber, Sebastian Warth, Gisela Schimmack, Michael Düwel, Kamyar Hadian, Katrin Demski, Wolfgang Beisker, Hisaaki Shinohara, Tomohiro Kurosaki, Vigo Heissmeyer, Daniel Krappmann
EMBO J.2011 February 2;30(3): 594–605.Published online 2010 December 14.doi:10.1038/emboj.2010.331

The R109H variant of fascin-2, a developmentally regulated actin crosslinker in hair-cell stereocilia, underlies early-onset hearing loss of DBA/2J mice
Jung-Bum Shin, Chantal M. Longo-Guess, Leona H. Gagnon, Katherine W. Saylor, Rachel A. Dumont, Kateri J. Spinelli, James M. Pagana, Phillip A. Wilmarth, Larry L. David, Peter G. Gillespie, Kenneth R. Johnson,J Neurosci.Author manuscript; available in PMC 2011 January 1.
Published in final edited form as:J Neurosci. 2010 July 21; 30(29): 9683–9694.doi:10.1523/JNEUROSCI.1541-10.2010

Escherichia coli infection induces distinct local and systemic transcriptome responses in the mammary gland
Simone Mitterhuemer, Wolfram Petzl, Stefan Krebs, Daniel Mehne, Andrea Klanner, Eckhard Wolf, Holm Zerbe, Helmut Blum
BMC Genomics.2010;11: 138.Published online 2010 February 25.doi:10.1186/1471-2164-11-138

Systematic improvement of lentivirus transduction protocols by antibody fragments fused to VSV-G as envelope glycoprotein.
Höfig I, Barth S, Salomon M, Jagusch V, Atkinson MJ, Anastasov N, Thirion C.Biomaterials. 2014 Apr;35(13):4204-12. doi: 10.1016/j.biomaterials.2014.01.051. Epub 2014 Feb 12.

GLIS3, a Susceptibility Gene for Type 1 and Type 2 Diabetes, Modulates Pancreatic Beta Cell Apoptosis via Regulation of a Splice Variant of the BH3-Only Protein
Bim Tatiane C. Nogueira, Flavia M. Paula, Olatz Villate, Maikel L. Colli, Rodrigo F. Moura, Daniel A. Cunha, Lorella Marselli, Piero Marchetti, Miriam Cnop, Cécile Julier, Decio L. EizirikPLoS Genet. 2013 May; 9(5): e1003532. Published online 2013 May 30. doi: 10.1371/journal.pgen.1003532

Synergetic downregulation of 67kDa laminin receptor by the green tea (Camellia sinensis) secondary plant compound epigallocatechin gallate: a new gateway in metastasis prevention?
Jakob Müller, Michael W Pfaffl BMC Complement Altern Med. 2012; 12: 258. Published online 2012 December 18. doi: 10.1186/1472-6882-12-258

BACH2, a candidate risk gene for type 1 diabetes, regulates apoptosis in pancreatic β-cells via JNK1 modulation and crosstalk with the candidate gene PTPN2
Laura Marroquí, Izortze Santin, Reinaldo Sousa Dos Santos, Lorella Marselli, Piero Marchetti, Decio L. Eizirik

Engineering adenovirus genome by bacterial artificial chromosome (BAC) technology.
Ruzsics Z, Lemnitzer F, Thirion CMethods Mol Biol. 2014; 1089:143-58. doi: 10.1007/978-1-62703-679-5_11

Poloxamer synperonic F108 improves cellular transduction with lentiviral vectors
Höfig I, Atkinson M J, Mall S, Krackhardt A M, Thirion C, Anastasov N. The Journal of Gene Medicine, August 2012

Natural resistance to ascorbic acid induced oxidative stress is mainly mediated by catalase activity in human cancer cells and catalase-silencing sensitizes to oxidative stress
Christoph Klingelhoeffer, Ulrike Kämmerer, Monika Koospal, Bettina Mühling, Manuela Schneider, Michaela Kapp, Alexander Kübler, Christoph-Thomas Germer, Christoph Otto BMC Complement Altern Med. 2012; 12: 61. Published online 2012 May 2. doi: 10.1186/1472-6882-12-61

Replication of human coronaviruses SARS-CoV, HCoV-NL63 and HCoV- 229 E is inhibited by the drug FK506.
Javier Carbajo-Lozoya, Marcel A. Müller, Stephan Kallies, Volker Thiel, Christian Drosten, Albrecht von Brunn Virus Res. 2012 Apr;165(1):112-7. Epub 2012 Feb 10.

Degradation of Cellular miR-27 by a Novel, Highly Abundant Viral Transcript Is Important for Efficient Virus Replication In Vivo
Lisa Marcinowski, Mélanie Tanguy, Astrid Krmpotic, Bernd Rädle, Vanda J. Lisnić, Lee Tuddenham, Béatrice Chane-Woon-Ming, Zsolt Ruzsics, Florian Erhard, Corinna Benkartek, Marina Babic, Ralf Zimmer, Joanne Trgovcich, Ulrich H. Koszinowski, Stipan Jonjic, Sébastien Pfeffer, Lars Dölken PLoS Pathog. 2012 February; 8(2): e1002510. Published online 2012 February 9. doi: 10.1371/journal.ppat.1002510

Krüppel-Like Factor 8 (KLF8) Is Expressed in Gliomas of Different WHO Grades and Is Essential for Tumor Cell Proliferation
Oliver Schnell, Alexander Romagna, Irene Jaehnert, Valerie Albrecht, Sabina Eigenbrod, Kathrin Juerchott, Hans Kretzschmar, Jörg-Christian Tonn, Christian Schichor
PLoS One. 2012; 7(1): e30429. Published online 2012 January 19. doi: 10.1371/journal.pone.0030429

S6K1 and 4E-BP1 Are Independent Regulated and Control Cellular Growth in Bladder Cancer
Roman Nawroth, Florian Stellwagen, Wolfgang A. Schulz, Robert Stoehr, Arndt Hartmann, Bernd J. Krause, Juergen E. Gschwend, Margitta Retz PLoS One. 2011; 6(11): e27509. Published online 2011 November 15. doi: 10.1371/journal.pone.0027509

DNA methyltransferase 1 as a predictive biomarker and potential therapeutic target for chemotherapy in gastric cancer.
Mutze K, Langer R, Schumacher F, Becker K, Ott K, Novotny A, Hapfelmeier A, Höfler H, Keller G. Eur J Cancer. 2011 Aug;47(12):1817-25. Epub 2011 Mar 31.

Roscovitine blocks leukocyte extravasation by inhibition of cyclin-dependent kinases 5 and 9
Nina Berberich, Bernd Uhl, Jos Joore, Ulrike K Schmerwitz, Bettina A Mayer, Christoph A Reichel, Fritz Krombach, Stefan Zahler, Angelika M Vollmar, Robert Fürst Br J Pharmacol. 2011 July; 163(5): 1086–1098. doi: 10.1111/j.1476-5381.2011.01309.x

The role of galectin-1 in trophoblast differentiation and signal transduction.
Fischer I, Jeschke U, Friese K, Daher S, Betz AG.J Reprod Immunol. 2011 Jun;90(1):35-40. Epub 2011 May 31.

Dephosphorylation of Carma1 by PP2A negatively regulates T-cell activation
Andrea C Eitelhuber, Sebastian Warth, Gisela Schimmack, Michael Düwel, Kamyar Hadian, Katrin Demski, Wolfgang Beisker, Hisaaki Shinohara, Tomohiro Kurosaki, Vigo Heissmeyer, Daniel Krappmann EMBO J. 2011 February 2; 30(3): 594–605. Published online 2010 December 14. doi: 10.1038/emboj.2010.331

Dlg1-PTEN Interaction Regulates Myelin Thickness to Prevent Damaging Peripheral Nerve Overmyelination.
Cotter L, Özçelik M, Jacob C, Pereira J.A, Locher V, Baumann R, Relvas J.B, Suter U & Tricaud N.Science 268:1415-18 (2010).

Pals1 is a major regulator of the epithelial-like polarization and the extension of the myelin sheath in peripheral nerves.
Özçelik M, Cotter L, Jacob C, Pereira J.A, Relvas J.B, Suter U and Tricaud N.J. Neurosci. 30(11): 4120-31 (2010).

Cyclin-dependent kinase 5 regulates endothelial cell migration and angiogenesis.
Liebl J, Weitensteiner SB, Vereb G, Takács L, Fürst R, Vollmar AM, Zahler S. J Biol Chem. 2010 Nov 12;285(46):35932-43. Epub 2010 Sep 7.

Roquin binds inducible costimulator mRNA and effectors of mRNA decay to induce microRNA-independent post-transcriptional repression.
Glasmacher E, Hoefig KP, Vogel KU, Rath N, Du L, Wolf C, Kremmer E, Wang X, Heissmeyer V. Nat Immunol. 2010 Aug;11(8):725-33. Epub 2010 Jul 18. PMID: 20639877

パートナー

産業パートナー

 

ビズコムジャパンは、基礎研究および医薬品・診断薬、化粧品のバイオ関連製品の研究開発/製造の分野で、最高の製品とサービスを提供し、国内外の企業とのネットワークと経験により、最高のソリューションを提供します 。

 

コマビオテック(韓国・ソウル)は、ライフサイエンス研究用の試薬・ツールを製造・提供しています。包括的な製品ラインは、分子生物学、免疫学、細胞生物学、プロテオミクス、ゲノミクス研究を含む、すべての主要な生命科学研究分野の研究への応用を支援しています。

 

 

メイフラワー・バイオサイエンスは、バイオ研究、創薬、バイオプロダクツの最新技術を顧客に提供する、ユニークなライフサイエンス研究製品の販売代理店です。

 

 

SIRION BIOTECHはTET-Technologyのライセンサーです。TET Systemsは、真核細胞の遺伝子発現制御に最も広く用いられている技術であるTET TechnologyのIPポートフォリオを所有しており、商業活動のための技術ライセンスをご提供します。

非常勤取締役

ラルフ・ワグナー教授

University Regensburg, University Regensburg, Franz-Josef-Straugens-Alley 11, 93053 Regensburg, Dermany, ワグナー教授は、2010年4月にLife Technologies社に買収され、2014年2月にThermo Fisher Scientific社となったGENEART AG社の共同創設者であり、CEOである。ミュンヘン大学で学位を取得し、1992年にMax-von-Pettenkofer Institute in Molecular VirologyからPhDを授与された。

マンフレッド・バイエル博士

ロシュのライフサイエンス事業の経験豊富なゼネラル・マネージャー。同氏は、世界の診断およびライフサイエンスの分野について深い知識を有している。彼は、M&Aの仕組みや国際レベルでの戦略オペレーションに精通している。ロシュ在住中、リアルタイムPCR革命をリードした。

マーティン・シュニー博士

科学と金融の専門知識を融合させたバイオテクノロジーの専門家である。2010年以降、Breslin AG (スイス、チューリッヒ)の取締役兼パートナーであり、ライフサイエンス(ファイナンス/事業開発、セカンダリー、テクノロジースカウティング)の取引を担当している。これと並行して、2006年以降、フェアリサーチ社(ドイツ、クロンバーグ)との協力パートナーとして、ホワイト・レーベル・リサーチ・サービスを提供しており、2002年からは、欧州の化学、製薬、バイオテク、メデック企業、再生可能エネルギー企業を幅広くカバーする銀行とは無関係のリサーチ・プロバイダーとして、自身の会社であるシュニー・リサーチ社(ドイツ、メインタル)を運営している。
同氏はゲーテ大学フランクフルト(ドイツ)で化学の博士号を取得し、その後、Certified Credit AnalystおよびDVFA Equity Analystの資格を追加取得。2013年には、欧州No.1のストックピッカー賞を受賞した。

サイエンスコラボレーター

SIRION Biotechは、以下の協力者と常に連絡を取り合っており、弊社の科学的研究に皆様のご意見をいただいたことに感謝しています。

科学責任者ピーター・J・ホルスト氏

医学博士、教授
ノボノルディスク基礎代謝研究財団
コペンハーゲン大学
コペンハーゲン
デンマーク

マイケル・クローン

ブレイン
ダルマスターストラベータ34-36
ツヴィンゲンベルク
ドイツ

ズソルト・ルジックス博士

フライブルク大学
医療用ミクロバイオロジー・衛生
Institut für Virologie
フライブルク
ドイツ

マイケル・J・アトキンソン博士

ヘルムホルツ・ゼントラム・ミュンヘン
ドイツ国立研究所
放射線生物学研究所
ミュンヘン
ドイツ

ナタサ・アナスタソフ博士

PI個別化放射線療法
ヘルムホルツ・ゼントラム・ミュンヘン
ドイツ国立研究所
放射線生物学研究所
ミュンヘン
ドイツ

ホーバー教授

リサーチユニットのアンチウイルス戦略責任者
ハインリッヒ・ペット研究所
ライブニッツ実験ウイルス学研究所
ハンブルグ
ドイツ

関連する製品とサービス一覧