siTOOLs社のサービスの紹介ページです。

siTOOLs社では、現在までに蓄積したsiRNAおよびセルベースの実験に関する知識と経験を活用し、サービスとして、お客様の試験の受託や、プロジェクトのサポート提供しております。
サービスとしては以下のような内容が可能です。
・RNAiのオフターゲット効果測定(遺伝子交差反応性チェック)
・種間でのRNAiの交差反応性試験
・RNAiスクリーニング
・RNAiの用量最適化
・トランスフェクション条件最適化
・RNAi実験データの再解釈
・RNAi実験結果のバリデーション
・CRISPR gRNAデザイン
以下に標準的なsiPOOL™を用いたサービスが記載されています。他のサービスについてはお問い合わせください。

siRNA関連サービスリスト

カタログ番号 サービス名称 製品詳細
se-si-D 用量最適化サービス 1種類の細胞株に対して様々な濃度での1種類のsiPOOLTMによるノックダウン効率を測定し、用量反応曲線を作成します。これを基に最適なsiPOOLTM濃度を決定します。作業には以下の内容が含まれます。
・7濃度のsiPOOLTMおよび1濃度での陰性対照siPOOLTMでトランスフェクションを実施
・24時間後にRNAを単離
・逆転写
・RT-qPCRでターゲット遺伝子の発現量を決定(ハウスキーピング遺伝子による標準化を含む)
・レポート作成
se-si-T トランスフェクション条件最適化サービス 1種類の細胞株に対し、様々な条件下で複数のトランスフェクション試薬を用いsiPOOLTMによるノックダウン効率を測定し、最適なトランスフェクション条件を決定します。作業には以下の内容が含まれます。
・様々な条件下で3種類までの方法を用いてトランスフェクションを実施(リポフェクション、エレクトロポレーション、磁気ビーズ等)
・陽性コントロールを用いた試験も実施
・RNA定量または表現型解析によりトランスフェクション効率を決定
・レポート作成
se-si-G 遺伝子交差性チェックサービス 1種類のsiPOOLTMが他の類似した遺伝子またはパラログの発現レベルに影響しないか、1種類の細胞株を用い、2種類の遺伝子(ターゲット遺伝子および評価対象遺伝子)の発現レベルを解析します。作業には次の内容が含まれます。
・1種類の細胞を用い、3種類の濃度のsiPOOLTMおよび1種類の濃度の陰性対照siPOOLTMのトランスフェクションを実施
・ターゲット遺伝子および評価対象遺伝子に関し、RNAを定量
・レポート作成
se-si-S 種間交差反応性チェックサービス 1種類のsiPOOLTMが他の近縁種の遺伝子の発現レベルに影響しないか、1種類の細胞株を用い、2種類の遺伝子(ターゲット遺伝子および評価対象遺伝子)の発現レベルを解析します。作業には次の内容が含まれます。
・1種類の細胞を用い、3種類の濃度のsiPOOLTMおよび1種類の濃度の陰性対照siPOOLTMのトランスフェクションを実施
・ターゲット遺伝子および評価対象遺伝子に関し、RNAを定量
・レポート作成