Targetmol社の既知化合物ライブラリの紹介ページです。

Targetmol社では、多様な既存化合物ライブラリを提供しております。同社独自の分類によって組成されたライブラリは、疾患メカニズム探索や動物/細胞モデルの有用性検証だけでなく、ドラッグリポジショニングのためにも活用されています。
同社はまた、5,000種類以上に上る阻害剤を提供しており、随時新規化合物をラインナップに追加しております

Targetmol社ライブラリの特徴

化合物、量、フォーマット(粉末/固体またはDMSO溶液)、プレートの配置、濃度をお客様の用途に合わせてカスタマイズすることが可能です。

ターゲット疾患別ライブラリ

化合物のターゲットとなる疾患ごとに分類されたライブラリです。疾患メカニズムの解析や適用拡大の検討等にご利用頂けます。

がん関連ライブラリ

抗がん剤活性を持つ3,120種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

ウイルス関連ライブラリ

抗ウイルス薬を含む157種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

感染症関連ライブラリ

抗ウイルス薬、抗生物質、抗寄生虫薬を含む605種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

糖尿病関連ライブラリ

179種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

CNSライブラリ

中枢神経系統に関連する疾病をターゲットとする840種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

血液毒性化合物ライブラリ

幅広い範囲の血液毒性発現(骨髄機能抑制、好中球減少、白血球減少、貧血など)や抑制に関連する104種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

抗炎症ライブラリ

抗炎症化合物876種類から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

幹細胞関連ライブラリ

幹細胞シグナル伝達パスウェイを主な標的とした340種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。細胞のリプログラミング、幹細胞の分化誘導、再生医療の研究やがん幹細胞を標的としたスクリーニング等にご利用頂けます。化合物の薬理活性や細胞透過性は確認済です。
詳細はこちら

ターゲット分子/パスウェイ別ライブラリ

化合物のターゲットとなる分子やパスウェイごとに分類されたライブラリです。疾患メカニズムの解析やパスウェイの解析、結合サイトの解析やリポジショニングの検討等にご利用頂けます。

プロテアーゼ阻害剤ライブラリ

プロテアーゼやプロテアソームに対し活性を持つ162種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

エピジェネティクス関連ライブラリ

エピジェネティクスに関連する380種類の化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

PI3K/Akt/mTOR阻害剤ライブラリ

PI3K/Akt/mTORパスウェイに対し活性を持つ190種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

MAPK阻害剤ライブラリ

MAPKパスウェイに対し活性を持つ140種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

GPCR関連ライブラリ

GPCRやGタンパク質を標的とする711種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

キナーゼ阻害剤ライブラリ

各種のプロテインキナーゼを標的とした773種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

チロシンキナーゼ阻害剤ライブラリ

チロシンキナーゼを特異的な標的とした339種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

イオンチャンネル阻害剤ライブラリ

イオンチャネルを特異的な標的とした362種類の低分子阻害剤から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

内分泌ホルモン関連ライブラリ

内分泌ホルモンシグナルパスウェイを標的とした186種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

アポトーシス関連ライブラリ

アポトーシスシグナルパスウェイを標的とした191種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

アドレナリン関連ライブラリ

アドレナリンレセプターを主な標的とした129種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

セロトニン関連ライブラリ

5-HTレセプターを主な標的とした134種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

酸化還元関連ライブラリ

細胞内での酸化還元反応に関連した118種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

オートファジーライブラリ

オートファジーに関連した623種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

ヒスタミン & メラトニンライブラリ

ヒスタミンレセプターおよびメラトニンレセプターを主な標的とした93種類の低分子化合物から構成されるライブラリです。化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

網羅的化合物ライブラリ

ターゲット/パスウェイやターゲット疾患横断的な網羅的な化合物ライブラリです。メカニズムの検討、新規標的の探索やリポジショニングの検討の他、対照化合物としてもご利用頂けます。

天然化合物ライブラリ

1,500種類以上の天然物を含むライブラリであり、生体分泌物、植物や微生物からの抽出物等に由来します。
詳細はこちら

FDA/EMEA/CFDA承認化合物ライブラリ

2,040種類のFDA、EMEAまたはCFDAで承認済みの化合物ライブラリであり、薬効や安全性、標的や構造等に関する情報も知られています。
詳細はこちら

FDA承認化合物ライブラリ

1,124種類のFDAで承認済みの化合物ライブラリであり、薬効や安全性、標的や構造等に関する情報も知られています。
詳細はこちら

阻害剤ライブラリ

3,010種類の活性が確認されている阻害剤から構成されるライブラリであり、ほとんどの化合物の薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

標的同定済みライブラリ

5,080種類の標的が同定されている化合物ライブラリであり、すべての化合物に細胞透過性があります。
詳細はこちら

臨床試験化合物ライブラリ

960種類の臨床試験まで進んだ化合物から構成されるライブラリであり、すべての化合物に薬理活性および細胞透過性があります。
詳細はこちら

生物活性脂質ライブラリ

213種類の活性を持つ脂質から構成されるライブラリであり、薬効および安全性は動物試験または臨床試験によって実証済です。
詳細はこちら

ヒト内因性リガンドライブラリ

138種類の内因性リガンドから構成されるライブラリであり、代謝疾患の研究や炎症研究、新規標的分子の特定等に有用です。
詳細はこちら

TargetMOLの最新情報はこちら