Time Bioscience

Time Bioscienceについて

Time Bioscience社ではWntシグナルを研究するための組み換えタンパク質や、レポーター安定発現細胞を含む製品の販売を開始しました。 Wntタンパク質はシステインリッチな分泌ポリペプチドのファミリーであり、細胞間のコミュニケーションや、増殖、細胞遊走、生存と自己再生といった重要な機能に関与しています。 特にWnt3aシグナルはオルガノイドの成長に重要な役割を果たしています。加えてWnt発現の活性化を欠失させることは、有糸分裂や形態形成、細胞運命の変更に関わっており、発生生物学やがん研究において非常に重要と考えられています。 Time Bioscience社では高純度製品として85~90%、低純度製品として75%の純度の、ヒトまたはマウス組み換えWntタンパク質の製品ラインを順次拡張しております。 ヒトの組み換えタンパク質はHEK-293細胞を用いて発現・精製され、マウスのタンパク質はCHO細胞から発現・精製されたタンパク質であり、これらは様々な細胞アッセイや細胞の処理でお使いいただけます。また、安定発現Wntレポーター細胞も提供しております。

Time Bioscience製品

Time Bioscience社ではWntシグナルを研究するための組み換えタンパク質や、レポーター安定発現細胞を含む製品をご提供致します。 ▶組み換えWntタンパク質製品はこちら ▶Wntレポーター細胞株製品はこちら

関連する製品とサービス一覧